春晓 – 唐:孟浩然

春眠不觉晓chūn mián bù jué xiǎo

处处闻啼鸟chù chù wén tí niǎo

夜来风雨声yè lái fēng yǔ shēng

花落知多少huā luò zhī duō shǎo

意訳

春の日に眠りをむさぼり、知らず知らずのうちに夜が明けていた。
私の熟睡をかき乱したのは、あの小鳥のさえずり。
昨夜は風雨の音が鳴りやまなかった。
あの美しい春の花はどれくら散ってしまったのだろう?

春日里贪睡不知不觉天已破晓,搅乱我酣眠的是那啁啾的小鸟。昨天夜里风声雨声一直不断,那娇美的春花不知被吹落了多少?

百度汉语

詩の説明

この詩の前の2句は、作者の春の夜のうっとりするような夢、夜が明けて明るくなっていることに気付かないさま、ひとたび目が覚めて聞こえてきたのは外で鳴く鳥の鳴き声を謡っている。作者は慎重に、ただ“处处闻啼鸟”の一句だけで活力に満ち溢れた春の良いの情景を描いている。しかし読者がここから更に読み取れるのは、鳥たちの鳴き声がぐっすり寝ていた作者を起こしたこと、外はすでに明るい春の光がさしていること、そして作者が春の日を心から愛していることである。

確かにこの春の宵の愛すべき情景は、作者を自然と詩の第3、4句を連想させる。昨夜は朦朧とした意識の中聞こえた風雨の音、そして今庭に咲き乱れた花は果たしてどれくらい散ってしまったのだろうか?詩の前2句を結び付けて、夜中の風雨は暴風暴雨でなく、さわやかな風と細い雨、そして作者を甘い眠りに送り込み、明け方をさらに美しく洗い流し、それは全く残念ではない。しかしその風雨は結局のところ春の花を散らし、春の光を連れ去ってしまった。そのため“花落知多少”の句は、あっという間に消え去ってしまう春の光の淡い悲しみと作者の限りない思いを暗に表現している。

诗的前两句写诗人因春宵梦酣,天已大亮了还不知道,一觉醒来,听到的是屋外处处鸟儿的欢鸣。诗人惜墨如金,仅以一句“处处闻啼鸟”来表现充满活力的春晓景象。但人们由此可以知道就是这些鸟儿的欢鸣把懒睡中的诗人唤醒,可以想见此时屋外已是一片明媚的春光,可以体味到诗人对春天的赞美。
  正是这可爱的春晓景象,使诗人很自然地转入诗的第三、四句的联想:昨夜我在朦胧中曾听到一阵风雨声,现在庭院里盛开的花儿到底被摇落了多少呢?联系诗的前两句,夜里这一阵风雨不是疾风暴雨,而当是轻风细雨,它把诗人送入香甜的梦乡,把清晨清洗得更加明丽,并不可恨。但是它毕竟要摇落春花,带走春光,因此一句“花落知多少”,又隐含着诗人对春光流逝的淡淡哀怨以及无限遐想。

古诗文网

『本気で学ぶ中国語』公式動画講座で学ぶ‼


2016-2017-2018年の3年連続 売上げNo.1の『本気で学ぶ中国語』。

このベストセラーの公式動画講座がリリースされました‼

著者の趙玲華(りんか)氏が自ら教鞭を執り、初心者向けに中国語を教授。

これは必見‼ (*‘∀‘)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です