程度補語と様態補語

補語

述語動詞や形容詞が表す動作、状態のより具体的な情報を述語の後ろから補足して説明する成分を補語と言います。

中国語の補語にはいくつかの種類があります。

補語の種類

  1. 程度補語: 程度を補足 ←今回はコレ!
  2. 様態補語: 様態を補足 ←今回はコレ!
  3. 可能補語: 可不可を補足
  4. 結果補語: 結果を補足
  5. 方向補語: 動作の方向を補足

程度補語と様態補語

ここでは述語の程度を表す程度補語と、述語の様態を表す様態補語を説明します。

補语 和訳
快。 彼は早く走る。

上記例では、程度補語と様態補語のマーカー(印)である「得(de)」の後ろにある補語「很快」が、述語である「跑」を補足説明しています。

この様に、補語は述語の後ろに置かれ、述語を補足説明する役割を担います。

補語の前には程度副詞

習慣として、補語の前には程度副詞「很」「非常」などが置かれます。

これは文のバランスやリズムを保つための中国語の習慣です。

これら程度副詞がない場合は、その文には対比の意味が含まれた印象を与えます。

程度補語と様態補語のマーカー「得(de)」

程度補語、様態補語を使う際、述語の後にマーカー(印)である「得(de)」を置きます。

この「得」は構造助詞で、文の各成分を結び繋げるための役割を担うだけで、固有の意味を持ちません。

他唱歌唱很好。

tā chàng gē chàng de hěn hǎo

彼は上手に歌を歌う。

他起非常早。

tā qǐ de fēi cháng zǎo

彼はとても早起きだ。

老师讲非常清楚。

lǎo shī jiǎng de fēi cháng qīng chǔ

先生ははっきりと話す。

マーカー無しの程度補語

我累死了

wǒ lèi sǐ le

死ぬほど疲れた。

上記例文の様に、マーカーの「得」を伴わない程度補語もあります。

これら形態を取れる補語は限られていて、補足する述語の内容の程度が極限に達していることを指すものです。

例)死,极,坏,透

これらの補語は文末に語気助詞の「了」を伴います。

程度補語

程度補語は「とても」「すごく」など、述語の内容の程度が高いことを表します。

例)多,要命,要死,厉害

这个比那个好得多

zhè ge bǐ nà ge hǎo de duō

これはあれよりずっと良い。

年末忙得要命

nián mò máng de yào mìng

年末はものすごく忙しい。

这几天热得厉害

zhè jǐ tiān rè de lì hài

ここ数日ひどく暑い。

様態補語

様態補語は、述語である動詞が指す動作の行われ方がどうであるか、また述語である形容詞の指す性状のあり様がどうであるかを補足説明します。

她学

tā xué de hěn kuài

彼女は学びが早い。

他说中文说非常流利

tā shuō zhōng wén shuō de fēi cháng liú lì

彼は中国語を流暢に話す。

他开车开

tā kāi chē kāi de hěn wěn

彼はとても穏やかに運転する。

目的語を伴う文での程度補語と様態補語

述語動詞が目的語を持つ場合の文の成分の順番(構成)に注意しましょう。

動1 動2 補语 和訳
中文 彼は上手に中国語を話す。

上記例では述語動詞「说」が、目的語「中文」を持ちます。

文の前半で「彼は中国語を話す」と述べ、文の後半で「上手に話す」と動詞の「说」を補足説明しています。

文の前半と後半を合わせると、「彼は中国語を上手に話す」となります。

これが正しい語順ですが、常用表現では、以下の様に前半の動詞1を「的」に置き換えることが多いです。

動2 補语 和訳
中文 很好。 彼は上手に中国語を話す。

さらに、この動詞1を置き換えた「的」はしばしば省略され、以下の様になります。

この時も文章の意味は変わりません。

動2 補语 和訳
中文 很好。 彼は上手に中国語を話す。

疑問文は「吗」型、反復型、疑問詞型

程度補語、様態補語の疑問文は、「吗」疑問文、反復疑問文、疑問詞疑問文があります。

これら疑問文の質問の対象となるのは補語で補足説明している部分であることに気をつけてください。

「吗」疑問文

「吗」疑問文では、文末に「吗」を置いて質問します。

他跑得快

tā pǎo de kuài ma

彼は足が速いですか?

老师讲得清楚

lǎo shī jiǎng de qīng chǔ má

先生ははっきり話しますか?

反復疑問文

反復疑問文では、補語の部分を反復して疑問文にします。

他跑得快不快

tā pǎo de kuài bú kuài

彼は足が速いですか?

老师讲得清楚不清楚

lǎo shī jiǎng de qīng chǔ bù qīng chǔ

先生ははっきり話しますか?

疑問詞疑問文「V得怎么样?」

疑問詞疑問文では、「V得怎么样」の形で疑問文にします。

他说英语说得怎么样

tā shuō yīng yǔ shuō de zěn me yàng

彼の英語はどうですか?

过年过得怎么样

guò nián guò de zěn me yàng

正月はいかが過ごしましたか?

否定形は「V得+不+補語」

動1 動2 補语 和訳
中文 好。 彼は中国語が上手くない。

程度補語、様態補語の否定形は補語の前に「不」を置いて表し、補語の内容自体を否定します。

否定文の時は「很」「非常」などの程度補語は不要です。

他说中文说得好。

tā shuō zhōng wén shuō de bù hǎo

彼は中国語が上手くない。

様態補語と状況語の違い

様態補語 実現済み、習慣的、性質的な事を表現する際に使う。
状況語 恒常的でなく、その時の一度きりの動作や、行為の行い方を表現する。主に命令や勧誘の意味で使う。
様態補語の例
这个小孩儿吃

zhè gè xiǎo háir chī de hěn duō

この子はたくさん食べる。(この子の性質として、普段からよく食べる。)

老人起

lǎo rén qǐ de hěn zǎo

老人は早く起きる。(老人は習慣的に早く起きる。)

她准备周到

tā zhǔn bèi de hěn zhōu dào

彼女は周到に準備する。(彼女の性質として、いつも周到に準備する。)

状況語の例
吃点儿。

duō chī diǎnr

たくさん食べなさい。

慢慢来。

màn màn lái

ゆっくりどうぞ。

好好准备。

hǎo hǎo zhǔn bèi

しっかり準備して。

3つの「de」の使い分け

中国語には3種類の「de」があり、それぞれ役割が異なります。

3つの「de」

  1. :限定語として名詞を修飾
  2. :程度補語、様態補語として述語を修飾
  3. :状況語として述語を修飾

「的」の例文

我喜欢餐馆。

wǒ xǐ huān de cān guǎn

私の好きなレストラン。(限定語として「レストラン」を補足説明)

「得」の例文

他喝很多。

tā hē de hěn duō

彼はたくさん飲む。(程度補語として「飲む」を修飾)

「地」の例文

慢慢站起来。

màn màn de zhàn qǐlái

ゆっくりと立ち上がる。(状況語として「立ち上がる」を修飾)


チャイ語部で日常中国語会話を学ぶ‼


★★★中国語学習の初級者に最適★★★

あなたも中国語で日常会話ができるようになるようになりたいですよね⁉

チャイ語部では、簡単な日常表現をまとめた「初級中国語会話」のページを(今のところ)無料で公開しています。

まずは日常的に使うあいさつの表現など、簡単な事から学びましょう‼ (*‘∀‘)